小籠包風「手作り餃子」

噛んだ瞬間に、口の中に、極上の汁が、溢れ出します。
b0168081_23592353.jpg


今日の餃子も、とても美味しくできました。
今回は、ジャンボ餃子風の特大サイズにしましたが、
小籠包風の場合は、普通サイズか、小さめの方が食べやすいかな。
と思いました。でも、とても美味しかったです。

ひと口でいけて、口の中にジューシーな汁が一杯に広がる餃子理想です。
今回は大きすぎたので、次回はもう少し小さめで行こうと思います。

【レシピ的なもの】

①小籠包風にジューシーな汁が滴るのを作るなら、最初に、
昆布ダシとって、和風ダシと中華風ダシで美味く調節した汁に、
ゼラチンを溶かし入れて、冷ましておく。

②中力粉200gに、水90ml、塩2gを混ぜて、コネコネ。(大体2人前)
ビニール袋に入れ、布団など暖かい場所で30分寝かせる。

③その間に具材準備、キャベツ、青ネギ、みじん切り。
豚ひき肉を加えて、塩コショウをし、よく混ぜる。

④ゼラチンの固まったのを、タネに加えて、混ぜこむ。
皮を、麺棒で、広げる。

⑤具材を包んで、焼く。
強火で、十分に熱した油に投入、ほどよく表面が焼けたら、
水(orお湯)を投入、蒸ながら、焼いていくと、音がピチピチから
パチパチに変わってくる。そこで、鍋を振って、再度表面を焼く。

⑥皿に盛り付けて完成。

ポイントは、中力粉を使うことと、皮の分量を間違えないこと。
後はノリで、さらに言えば、どうやっても美味しくなるかと。
焼き加減は、慣れていくしかないかと思います。

上記、あまりレシピになれてないのは、極力スルーでお願いします(汗)
まあ、こんな感じで作ったという、個人的な記録としてみて頂ければ。

市販の皮で作るのも、簡単で良いけれど、
一度、自分で皮を一から作ると、後に戻れなくなる美味しさ。

なんていうか、市販の皮に比べて、風味と食感が全然違います。
今日も二人でお腹一杯。ごちそうさまです。

それにしても、餃子は奥が深い食べ物ですね。
小籠包風の汁が噴出すヤツ。大好きです。

研究に研究を重ねて、最高にジューシーなそれを口にするのが、
餃子料理における、僕の当面の目標でございます。

今日も、餃子、美味しかったです。
ごちそうさまでした^^
[PR]

by koryouriya | 2009-10-13 00:11  

<< 海鮮鍋 猫まんま >>