<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

鯛のお頭。スキレットで野菜の蒸し焼き。

鯛のおかしら。魚の王様の鯛のお頭。親分の中の親分。
b0168081_09891.jpg

スキレットで蒸し焼いた野菜は、優しい口当たり。大満足でした。
b0168081_093653.jpg


鯛のおかしら。我が家の、ふぇいばれっと、でぃなー。

噛みごたえのある身が、プリっとしていて、噛むほどに味が染み出す。
鯛は、やっぱり王様だなぁと、しみじみ感じるひとりなのです。

スキレットで蒸し焼きにしたトマトとアスパラガス。じんわりと美味い。
温められた野菜から出た甘味と、鉄鍋特有の香ばしさが重なった味。

塩だけで美味しい。写真では見えませんが、特製和風ディップもあって
それでつけると、さらに分かりやすく美味しい。

スキレットは、こういうオシャレで、尚且つ、美味しい食べ方ができる。
そういうところが、素晴らしいと思います。

何気ない食材が、ほんのり暖かい料理に大変身を遂げるのです。
大袈裟に表現すれば、そういうことですが、ともかく、
スキレットで蒸し焼いた野菜は、ほっこりと、
ひとりといっぴきの心を温めてくれたのでした。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-26 00:11 | 晩ごはん  

手作り餃子と……

餃子。皮がパリッとしてて、とっても美味しかったです。
b0168081_220494.jpg


クリスマスイブでございます。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
こんばんは。小料理屋ひっぴきライターの、ひとりです。

餃子を焼きました。皮がしっかりパリッと焼けて、
皮がモチモチで美味しかったです。

ひとりは餃子をパリッと焼くのが得意なのですが、今回は
特に美味しく作ることができました。

実は、それにはワケがあります。



今日は、我が家の新しい仲間のご紹介です。







ジャーン。
b0168081_2214446.jpg






ババーン。
b0168081_2215845.jpg






ギッシリ。
b0168081_222826.jpg


リバーライト社から出ている極(きわめと読みます)
鉄フライパンシリーズの、「ザ・オムレツ24cm」でございます。
こちらで売ってます。(別ウィンドウで開きます)

底辺が3.2mmも厚みがあり、餃子やステーキを焼く時に、
素晴らしい働きをしてくれます。

取っ手部分がカッコイイのも、ポイント。
いっぴきが思わず衝動買いした、一生モノの一品です。

鉄のフライパンは、慣らし(シーズニング)が必要なのが常ですが、
この極シリーズは、水で洗うだけで、すぐ使えて、「慣らしいらず」だそう。

早速、届いてすぐに洗って、そのまま餃子を焼いてみましたが、確かにくっつかない。
秘密は、特殊な熱処理により、表面を窒化鉄にしているからだそう。

↓たしかにくっつきませんでした。餃子を焼いているところ
b0168081_2232510.jpg




なんにせよ、「慣らし」要らずなのは、便利です。
初めて鉄のフライパンを買う人にも、お薦めします。

今回買ったフライパンです→極(きわめ) ザ・オムレツ24cm

※でも、キャベツの量にはヒヤヒヤしました。(ひとりといっぴき2)
[PR]

by koryouriya | 2009-12-24 22:18 | 晩ごはん  

帆立と卵とほうれん草の炒め物

帆立、卵、ほうれん草。この組み合わせはヤバイです。
b0168081_20242331.jpg


ほたてと卵とホウレン草の炒め物。酒のアテに良し。おかずにも良し。
卵とほうれん草に、ホタテの出汁が沁みこんでウマイったらない。

この日は帆立が安かったので、たっぷり帆立を入れてたのもあり、
ダシの濃さが半端無くって、美味かった。

帆立に限らず、貝のだしが出る料理って、しみじみ美味いですよね。
それに日本酒に、白ワイン、焼酎と酒を選ばないのも◎

シジミやアサリも好きですが、ホタテは身の食べ応えがあるから、
メインの食材になるのでさらに素敵だと思います。

ああ、美味しかった。また食べたいな。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-22 20:27 | 晩ごはん  

「ぶた肉炒め」ではなく、豚肉の生姜焼き。

豚肉の生姜焼き。肉汁滴るジューシーな味で美味いのです。
b0168081_0285854.jpg

ブロッコリーのポタージュ。なめらかで美味しいです。
b0168081_029721.jpg


いっぴきの豚の生姜焼きはジューシーで、優しい味で、
とっても美味しいです。醤油や生姜のあたりも柔らかいので、
ご飯だけじゃなくお酒のおつまみに最高な味です。

ブロッコリーのポタージュも美味しかった。ブロッコリーってこんな
食べ方があったんですね。知らなかった。

ブロッコリーは、そのまんま茹でてマヨネーズつけて食べるのも美味しいですが、
手間暇をかけて作られたポタージュは、いつもと違ったおしゃれな感じでした。

タイトルのとおり、「ぶた肉いため」とは違いますが、孤独のグルメの第一話、
「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」に出てきたぶた肉いために、
写真の豚とキャベツのバランスが少し似ている気がしました。
と、何気なく孤独のグルメの紹介をしてみる。
→孤独のグルメ。久住昌之氏著。面白すぎ。ひっぴき家でも愛読書です。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-21 00:36  

高級なウィンナー。高級な生ハム。

とても高級なウィンナーを食べました。全然違いました。
b0168081_235061.jpg

とても高級な生ハムも食べました。全然違いました。
b0168081_2350156.jpg

ひょんなことから我が家にやってきた高級なウィンナーと生ハム。
食べてみて、度肝を抜かれました。

今まで食べてきた「ウィンナー」という食べ物と、全然違う!
今まで食べてきた「生ハム」という食べ物と、全然違う!
わっしょい、わっしょい(歓喜の舞)

ウィンナーはしっとりとしてて柔らかくて、上品な豚、
といった形容が似合いそうな品のある味。

スキレットで焼いたまま、ジウジウといわせた状態で
テーブルに出したので、熱々で美味しかった。

生ハムは生ハムで、しっとり、ねっとりとした食感が
誠に素晴らしいものでした。特に脂の部分が美味しい。

生ハムには、カマンベールチーズを合わせたくなりました。
結局そのまま食べましたが、単品でとんでもなく美味い
生ハムだったので、物足りなさとかは皆無でした。

ウィンナーと生ハムといえば、お酒はワインしかない。
というわけで、ワインを飲みつつ味わった次第です。





【ご報告】全然記事内容とは関係ありませんが、
気づけば、小料理屋ひっぴき、更新記事数が、
100件を越えてました。(ぱちぱちぱち)

日々の料理の写真にその時感じたコメントを入れていく、
ごくごく個人的な楽しみが目的で始めたブログですが、
これからもこれまで同様、気楽をモットーにゆるゆると
更新していきたいと思っております。

[PR]

by koryouriya | 2009-12-20 00:01 | 酒と肴  

寒鯖の塩焼き

寒鯖の塩焼き。箸で摘むと身がほろりと崩れる柔らかさ。
b0168081_061227.jpg

青梗菜の炒め物。ぶなしめじと、油揚げも入っています。
b0168081_062049.jpg

冷奴。ひとりの大好物。日本酒のアテに最高。
b0168081_062952.jpg

こんばんは。ひとりです。

二日前の記事でも鯖の塩焼きを取り上げていますが、
鯖ばかりを短期間に続けて食べているわけではありません。

写真の鯖は、トロサバと呼ぶにふさわしい、脂のしっかり乗った鯖で
焼いているうちから脂がジュージューいって、とっても美味しそう。

実際に箸で身をつまむと、ほっくりとした食感と脂のしっとり感が
共存してて、とっても美味しい、まさしくトロ鯖でした。

チンゲンサイの炒め物も、鉄のフライパンで勢い良く炒めてあり、
シャッキリした噛み応えが嬉しい料理なのです。

この季節に一見似合わない冷奴も、熱燗でやる場合は話が別。
鰹節と青葱を豪快に散らして醤油をぶっかけて、いただく。

冷奴の写真は、かなり大雑把な印象がしますけれど、
これは、ひとり作・男の料理の豪快さということで、
大目に見て頂きたいと、思っております。

最近は東京地方もグッと冷え込んできましたね。寒いです。

暖かい格好をして、あたたまる料理と酒を食べ飲んで、
風邪に気をつけて冬の季節を過ごしていきたいですね。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-19 00:12 | 酒と肴  

焼きうどん

うどんは、普通の温うどんより、焼きうどんの方が好き。
b0168081_0445.jpg

焼きうどんを食べました。
肉がしっかり入って、ピーマンや人参、キャベツなどの野菜が
香ばしくて、美味かった。卵もふわふわした食感でうまい。

お腹の空く味でした。酒の肴にもっしもっし食べました。
思わず、酒の肴ではない勢いでうどんを掻っ込んでしまいました。

そうそう、どうでも良い話ですが、「うどん」って、
「饂飩」って書くんですね。さっき変換して知りました。

普段使いで考えたら、字画数などを考えるかぎり、
絶対ひらがなで書いてしまうだろうなと、思います。

この記事を書きながら、Wikipediaでうどんを調べています。
記事を書いたりするたびに、ウィキペディアを見てしまうひとりです。
→ひやむぎとうどんの違いの基準についても書かれています(Wikipedia)
[PR]

by koryouriya | 2009-12-18 00:06 | 晩ごはん  

鮭の照り焼き。鯖塩焼き。休日の朝ごはん。

鮭の照り焼き。とろろ。味噌汁。休日の朝ごはん。
b0168081_23234628.jpg

鯖の塩焼き。大根のビール漬け。味噌汁。しみじみ美味しい焼鯖定食。
b0168081_23252513.jpg

最初の一枚。淡白な味の鮭を照り焼きに、香りの良い、ゆず皮を乗せて。
ただ焼いただけで美味しい鮭をさらに美味しくするマジック。

山芋のとろろはお醤油をちょっと垂らして、ご飯の上に乗っけて、
一気に掻っ込むと美味い。

味噌汁は昆布で綺麗な出汁を取って、揚げ、ワカメ、豆腐入り。
具沢山の味噌汁が、ひっぴき家のデフォルトです。

二枚目の写真、この日の朝は鯖の塩焼きを食べました。
醤油を軽くかける。脂の乗った鯖の身が美味しい。幸せ。
味噌汁は、長葱と、豆腐、ワカメの味噌汁。この日も具沢山なのです。

何気ない休日の朝ごはんのひとコマ。思い出のいちぺいじ。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-16 23:41 | 休日ごはん  

鶏鍋

冬に温まる鶏鍋は最高。くつくつ煮て頂きます。
b0168081_22433319.jpg

椎茸や人参が可愛い。お鍋に嬉しい野菜たち。
b0168081_22433864.jpg

鶏肉は皮目がプルンとして、味が濃くって美味しい。
b0168081_22434334.jpg


鶏鍋を食しました。鶏の骨付き肉の出汁がたっぷり出た
美味しいお鍋です。

この寒い季節、冬を感じながら温かいお鍋をつついて、
晩酌を楽しむのも、またオツなものです。

寒いせいか、気づけば日本酒の熱燗ばかり飲んでいます。
鍋をつまんで、日本酒をキュッとやる晩酌のひと時です。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-15 22:46 | 晩ごはん  

スパゲティナポリタン

ケチャップが主張しすぎない優しい味のナポリタン。
b0168081_22322435.jpg
ナポリタンを食べました。美味しかった。

いっぴきの作ってくれたナポリタンは、小さい頃からお馴染みの
ケチャップと油がたっぷり主張したナポリタンとはかなり違います。

あっさりとしていて、それでいてしっかり旨味があって美味しい。

ケチャップだけでなく、本物のトマトもたっぷり入れているから、
あっさりしていながら味に深みがあるのかもしれません。

ケチャップと油たっぷりの、よくある喫茶店風のナポリタンも
分かりやすい大味で、美味しいけれど、僕はこっちの方が好き。

具も野菜が大きめに切ってあって、しっかりとした食べごたえ。
たまねぎの甘味がトマトベースのスパゲティによく合います。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-14 22:33 | 晩ごはん