カテゴリ:晩ごはん( 89 )

 

鯛めし

鯛のアラ身を使った、鯛めし風炊き込みご飯。
b0168081_23452962.jpg


鯛のおかしらを買ったときに、一緒についてくる
骨身を利用した、美味しい炊き込みご飯。

鯛のアラは、ダシ汁と一緒に炊飯してから、ほぐして
骨と食べられる部分に分けて、ご飯に混ぜ込みます。

アラを使うので経済的で、味も良い。
鯛アラの炊き込みめし。美味しい一品。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-16 23:46 | 晩ごはん  

照り焼きハンバーグ

男の子ほいほい。ソースも素敵。ああ、幸せ。
b0168081_23223045.jpg


ひとりにとって、「やっほーい!」と叫びたくなる料理の日がある。
それは、いっぴきがハンバーグを作ってくれる日だ。

写真をみてください。照りっとした表面の質感に、このソース。
噛んだ途端にジュワッとでる肉汁。ああ、なんと罪深き食べ物よ。

白飯を二膳、三膳とおかわりして、もっしもっし頬に美味しきもの
を詰め込んでいく、至福の晩御飯タイム。

記事を書いて、思い出しながら、無意識に涎が出てきてしまいます。
あ~、毎日でも食べたい。何でこんなに美味しいんだろう。

ハンバーグは、男の子の永遠の憧れの料理ですね。
これまでも、そしてこれからも。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-15 23:25 | 晩ごはん  

サーモンの漬け丼

表面が漬けダレで照り照りして美味そう。サーモンの簡単漬け丼。
b0168081_2247646.jpg


サーモンの柵が安かったので、漬け丼に。

ザク切りにした水菜を回りにのっけて、醤油などを絡めた
漬けサーモンを、中央に豪快にのっけたら出来上がり。

柵で買うと、切り身の厚みや大きさを決められるので、
今回は少しリッチな大きさに切りました。

漬けダレは、基本は醤油と山葵、それに酒や味醂を少々加えます。
まぐろの漬けの時みたいに、卵黄を加えても旨味が増して良いです。

他には気分転換に、胡麻油を垂らすと、アジア風になって旨い。
水菜をアボカドに変えれば、よりこってりとした味わいに。

何をやっても美味しくなる、サーモンの漬け丼の良いところです。

柵を買って、切って、漬け込むだけだから、簡単ですぐに作れます。
晩御飯が面倒な時の夕食に、とってもありがたい一品なのです。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-14 22:49 | 晩ごはん  

豚の角煮@ひとり

さっぱり京風だしの効いた豚の角煮を作りました。
b0168081_22182122.jpg

炊飯器で煮込まれる角煮(主に大根)の図。
b0168081_2218516.jpg


今回、初めて豚の角煮を作りました。

今までは、いっぴきの作った角煮を食べる係だったひとりですが、
試しに自分が作ったらどうなるだろうと、やってみた次第です。

薄めの味付けで、しっかり出汁の効かせた煮汁で、コトコトと
煮込みました。

とは言っても、今回は炊飯器を使用した作り方だったので、
火加減などは一切気にすることなく、簡単調理でした。

豚の旨味の溶け込んだ煮汁を吸った大根がとっても美味しい。
半日沁み込ませた味卵も美味い。

豚の角煮は、脂身が特に美味しかった。舌の上で蕩けるけれど
臭みもなくって、ジュワッと口の中に旨味が広がります。

やっぱり、いっぴきの作る角煮と比べると随分と差がありました。
到底いっぴきの角煮にはかないませんが、ひとりなりに、
とっても上出来だった今回の豚の角煮でした。

ただ揚げるだけで美味しくできる揚げ物が、ひとりは得意かな。
和食系は、思った通りに味の調整が効かないこともあります。
今回は、75点というところですね。
(さっき聞いたら、いっぴきは128点と言ってくれました)

いつかまた角煮を作ることがあれば、今度は照り照り黒光りした、
こってり系の豚の角煮、作ってみたいですね。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-08 22:21 | 晩ごはん  

ペペロンうどん

うどんのペペロンチーノ風。なんて呼ぶかというお話。
b0168081_23222034.jpg

「うどんのペペロンチーノだから、【うどろんちーの】だね」
そういうと、いっぴきに苦笑されました。

「じゃあ、いっぴきはなんていうの、この料理」と聞くと、
ペペロンチーノ風うどんだから、【ぺぺろんうどん】だよ。といいます。

たしかに、ぺぺろんうどんが一番自然だなと、聞いて思いました。

うどろんちーのも個人的には好きな響きなのですが、どうでしょうか。

さてさて、お味ですが、とっても美味しかったです。
スパゲティよりも味がしみこみやすいのか、麺が味を沁み込んですごくいい。
ベーコンなどの洋風の具材も、全然うどんにマッチしていました。

最近の食欲から三人前を作ってもらって、二人で食べたんですが、
お腹の空く味で、あっというまにお腹の中に収まりました。

うどろんちーの。もといペペロンうどん。美味しいですよ。
是非お試しあれ。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-07 23:34 | 晩ごはん  

豚キムチ鍋

豚キムチ鍋。キムチと豚肉のコラボは最強なのです。
b0168081_22145573.jpg

「かまどさん」で今回は、鍋を作ってみました。くつ。くつくつ。
b0168081_2215366.jpg

豚キムチ鍋。豚はたっぷりですが、一度アク抜きをしっかりして
おくことで、臭みやエグさを徹底的に抜いているから、味に雑味が
ありません。そういう下処理は得意なひとりです。

ひっぴき家では、鍋の場合ひとりが作ります。いっぴきも材料など
を刻んだりしてくれることはありますが、基本はひとりが味付けや
煮込みなど、調理します。

二枚目の写真の、鍋の外観をみて思います。ひとりの鍋はどうも「ちゃんこ」
を踏襲している感じみたいです。ニラで最後のフタをするところとか、
味付けのベースが、塩、味噌、和風だしなど型が決まっているところも。
もともと参考にしたのが、相撲部屋のちゃんこ鍋の作り方を参考に
したということもあります。

鍋って、たくさん食べても、白菜などの野菜が多いせいか、次の日に
体重を計ると、やせていることが多いんですよね。
鍋って意外と、ダイエット向きなメニューなのかもしれませんね。

今年の正月も、随分食欲にカマをかけて、太ってしまった、ひとりです。
こうなったら毎日でも鍋を食べて痩せるしかないか。なんて安易な発言。

今日のお昼も、カレーライスをお腹いっぱい頂きました。まっちし。
「春になるまでに、いかに太らないか」が、今後の課題になってきそうです。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-06 22:16 | 晩ごはん  

少しリッチなナポリタン。

海老の存在際立つナポリタン。ちょっぴり高級な感じがします。
b0168081_193268.jpg


ベーコン、ピーマン、タマネギ。定番のナポリタンも良いけれど、
海老の剥き身の入ったナポリタンは、ぷりぷりの食感で美味しい。

何気ない料理に一工夫、一手間加えるだけで、ちょっぴりリッチ。
素敵な晩御飯のひとコマなのでした。

気づけば、2010年になりました。平成で22年になるんですね。
昨年の末から忙しくて更新を怠っていましたが、
謹賀新年、暖機運転がてら、ゆるゆると更新していきます。

思い起こせば、昨年は、ゴーヤを植えて、実がたくさんとれたり、
我が家にスキレットがやってきたり、揚げ物を始めたり、
極 ザ・オムレツが年末にやってきたり……
食べ物にまつわるエピソード、思い出、いろいろ積み重なった一年になりました。

今年は、スキレットや、リバーライト社のザ・オムレツやマイティーパンなどの鉄のフライパンを
いかに使っていくか。使いこなしていくか。そんなことに、モチベーションを感じています。
もちろん、今年もゴーヤをたんまり作る予定(?)です。今度はプランターでなく地植えで。

「ザ・オムレツ」のフライパンは餃子だけでは勿体無い。
ハンバーグ?ステーキ?いろいろ焼きたい。
マイティーパンは、既に野菜炒めや、各種料理(今回のナポリタンも)に使っているし……
スキレットも、野菜をソテーにしたり、サイコロステーキを作ったり、いろいろした。
今年はどんな風に使い込んでやろうか。中華鍋はどうしようか。

そんなことに思いをめぐらせながら、また今年もゆっくり更新していこうと思います。
まったり更新ですが、今年も宜しくお願い致します。
[PR]

by koryouriya | 2010-01-05 01:28 | 晩ごはん  

鯛のお頭。スキレットで野菜の蒸し焼き。

鯛のおかしら。魚の王様の鯛のお頭。親分の中の親分。
b0168081_09891.jpg

スキレットで蒸し焼いた野菜は、優しい口当たり。大満足でした。
b0168081_093653.jpg


鯛のおかしら。我が家の、ふぇいばれっと、でぃなー。

噛みごたえのある身が、プリっとしていて、噛むほどに味が染み出す。
鯛は、やっぱり王様だなぁと、しみじみ感じるひとりなのです。

スキレットで蒸し焼きにしたトマトとアスパラガス。じんわりと美味い。
温められた野菜から出た甘味と、鉄鍋特有の香ばしさが重なった味。

塩だけで美味しい。写真では見えませんが、特製和風ディップもあって
それでつけると、さらに分かりやすく美味しい。

スキレットは、こういうオシャレで、尚且つ、美味しい食べ方ができる。
そういうところが、素晴らしいと思います。

何気ない食材が、ほんのり暖かい料理に大変身を遂げるのです。
大袈裟に表現すれば、そういうことですが、ともかく、
スキレットで蒸し焼いた野菜は、ほっこりと、
ひとりといっぴきの心を温めてくれたのでした。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-26 00:11 | 晩ごはん  

手作り餃子と……

餃子。皮がパリッとしてて、とっても美味しかったです。
b0168081_220494.jpg


クリスマスイブでございます。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
こんばんは。小料理屋ひっぴきライターの、ひとりです。

餃子を焼きました。皮がしっかりパリッと焼けて、
皮がモチモチで美味しかったです。

ひとりは餃子をパリッと焼くのが得意なのですが、今回は
特に美味しく作ることができました。

実は、それにはワケがあります。



今日は、我が家の新しい仲間のご紹介です。







ジャーン。
b0168081_2214446.jpg






ババーン。
b0168081_2215845.jpg






ギッシリ。
b0168081_222826.jpg


リバーライト社から出ている極(きわめと読みます)
鉄フライパンシリーズの、「ザ・オムレツ24cm」でございます。
こちらで売ってます。(別ウィンドウで開きます)

底辺が3.2mmも厚みがあり、餃子やステーキを焼く時に、
素晴らしい働きをしてくれます。

取っ手部分がカッコイイのも、ポイント。
いっぴきが思わず衝動買いした、一生モノの一品です。

鉄のフライパンは、慣らし(シーズニング)が必要なのが常ですが、
この極シリーズは、水で洗うだけで、すぐ使えて、「慣らしいらず」だそう。

早速、届いてすぐに洗って、そのまま餃子を焼いてみましたが、確かにくっつかない。
秘密は、特殊な熱処理により、表面を窒化鉄にしているからだそう。

↓たしかにくっつきませんでした。餃子を焼いているところ
b0168081_2232510.jpg




なんにせよ、「慣らし」要らずなのは、便利です。
初めて鉄のフライパンを買う人にも、お薦めします。

今回買ったフライパンです→極(きわめ) ザ・オムレツ24cm

※でも、キャベツの量にはヒヤヒヤしました。(ひとりといっぴき2)
[PR]

by koryouriya | 2009-12-24 22:18 | 晩ごはん  

帆立と卵とほうれん草の炒め物

帆立、卵、ほうれん草。この組み合わせはヤバイです。
b0168081_20242331.jpg


ほたてと卵とホウレン草の炒め物。酒のアテに良し。おかずにも良し。
卵とほうれん草に、ホタテの出汁が沁みこんでウマイったらない。

この日は帆立が安かったので、たっぷり帆立を入れてたのもあり、
ダシの濃さが半端無くって、美味かった。

帆立に限らず、貝のだしが出る料理って、しみじみ美味いですよね。
それに日本酒に、白ワイン、焼酎と酒を選ばないのも◎

シジミやアサリも好きですが、ホタテは身の食べ応えがあるから、
メインの食材になるのでさらに素敵だと思います。

ああ、美味しかった。また食べたいな。
[PR]

by koryouriya | 2009-12-22 20:27 | 晩ごはん