ヒレカツ。カキフライ。男の揚げ物。

手前ヒレカツ、奥カキフライ。美味しく揚がりました。
b0168081_2214463.jpg

椎茸とピーマンの天ぷら。外はサクッ、中はしっとり。
b0168081_22141182.jpg

線キャベツも加わって、今日も美味しい晩ごはん。
b0168081_2214282.jpg

揚げ物はひとり担当の晩ごはん。

今回、豚肉のヒレカツは初めて作りましたが、
美味しく揚がって良かったです。

今年もあとわずか。小料理屋のバックナンバーを見て頂けると
分かるかと思いますが、今年は自家製ゴーヤの天ぷらが
美味しくって何度も作りました。

ほんと、幾度となく作りました。

そもそも、ゴーヤが育ちはじめた当初、どうしたら美味しく、かつ、
たくさん食べることができるか悩みました。

ゴーヤと言えば、ゴーヤチャンプルくらいしか知らなかった。
どうすれば美味しく食べれるのか。ネットなどで調べました。

熟れてしまって、種の部分が赤くなって実が黄色くなった
ゴーヤはどうすれば美味しく食べれるのか。

綿を捨てないで、美味しく食べるコツはないのか。

味噌汁に綿を入れる。熟れた実はスプーンで掬って食べる。
ゴーヤはそのまま炒めて塩を振っても美味いなどなど。
いろいろ試してみたものです。

その中でも、一番と言っていいほど美味しかったのが、
ゴーヤの天ぷらでした。

しかも、綿や種をそのまま揚げます。
輪切りにしたゴーヤを天ぷら粉に絡ませ揚げるのです。

これに塩を振ったのが、一番美味しい食べ方だったと、
今年食べたゴーヤの思い出を振り返ると思います。

苦味がなくなって、カリッと揚がった表面としっとりした中身が
最高に美味しいのです。

熟れすぎてしまった綿も、掻き揚げにして揚げてしまえば
とっても美味しいお酒の肴になるんです。

来年も、ゴーヤを育てることになるかと思いますが、
今から、天ぷらで食べるのが楽しみで仕方ありません。

もちろん、今日の揚げ物も美味しかった。

今年の揚げ物で一番思い出すのが、ゴーヤの天ぷらだった
というお話でした。

今年は、初めて尽くしでした。揚げ物をすること自体、初めて。
チキンカツ、トンカツ、ヒレカツ、カキフライ……
ポテトフライ、椎茸や野菜などの天ぷら、ゴーヤの掻き揚げ……

揚げ物だけでも、こんなに新しいメニューが増えました。
来年はもっといろいろな揚げ物に挑戦しつつ、同じメニュー
の腕に磨きをかけていきたいと思っております。

■せっかくなんで、ゴーヤを使った料理のバックナンバーをまとめてみました。

●思い出のゴーヤの揚げ物たち
今年最後の『ゴーヤの収穫&ゴーヤの天ぷら』
ゴーヤの綿と種の掻揚げ
ゴーヤの天ぷら
●他にもゴーヤを使った料理でいえば、こんなにあります。↓
小料理屋ひっぴき内のゴーヤにまつわる記事一覧。
ゴーヤ、にがうり、ツルレイシ@なぜこんなに我が家の食卓にゴーヤが多いのか?

[PR]

by koryouriya | 2009-12-11 22:29 | 晩ごはん  

<< 目玉焼きとウィンナー あさりのスパゲティ >>