次の日の天ぷらの美味しい食べ方。

b0168081_1347416.jpg

b0168081_13471213.jpg

ひとりです。
昨夜は揚げ物だったので、次の日はさっぱりしたものを体が求めます。
なのでお昼は、和食を食べることにしました。

メニューは以下のような感じでした。

白ごはん
紅鮭
舞茸の炙り
椎茸の炙り味噌マヨのっけ
チカ天ぷらの餡かけ
納豆味噌汁
板海苔一枚

なんだかんだで結構食べていますね。
写真はキノコの炙りと、紅鮭、チカ天ぷらのあんかけです。

このチカ天ぷらの餡かけが結構旨かった。

魚焼きグリルや焼き網、オーブントースターなどで炙るだけで、
チカの天ぷらはカリカリ香ばしさを取り戻します。

それに、ポン酢、胡麻、ミリンと、片栗粉などを混ぜたものを、
軽くフライパンで熱して餡を作る。

これだけで昨晩とはまた違った味を楽しめて、
美味しいメニューになりました。

つい油が回って、じっとりしてしまう次の日の天ぷらですが、
ひと手間加えれば、美味しいメニューに早変わりします。

餡をかけると味もしっかりするので、お弁当のおかずにもぴったりです。

それと、炙る料理は、平行してキノコ類や、野菜を一緒に炙れば、
美味しい一品がいっぺんに出来ちゃいますから、魚を焼いたり、
グリルで肉を焼く時には、割とよくやります。

鶏肉のグリルなどの肉料理には、ししとう、ピーマンを合わせたり、
魚には、きのこや茄子など、季節を感じられるものが合います。


それにしても、和食はしみじみ美味しいですね。
やっぱ日本人なんだなぁと、実感するお昼ご飯でございました。
[PR]

by koryouriya | 2009-09-13 14:03 | 昼ごはん  

<< 秋刀魚の塩焼き。他 揚げ物@男の料理。 >>