秋茄子と玉葱のお粥

b0168081_14475571.jpg

ひとりです。
おかげさまで、すっかり風邪は良くなって元気になりました。
でも、お昼のお粥、今日で4日目です。

実は、お粥が意外に美味しくってハマッてしまいました。

具材や入れる調味料を変えるだけで、いろいろな味が楽しめる。
しかも、消化に良くてすぐエネルギーになる。

お昼に消化しにくい食べ物を食べると、胃に血液が行っちゃって、
仕事の能率が上がらないと、何かの本で読みましたが、
確かにお粥を食べてると、胃に負担が少ない感じがして、
お昼の仕事もなんとなく、はかどっている気がします。

今日のお粥は、玉葱と秋茄子がたっぷり入ったお粥です。
それと、ワカメも少し入っています。
味はもう最高です。ホント美味しい!

味付けは、醤油少々、塩少々、昆布つゆ少々、胡麻少々、
豆板醤ちんみりと、それに砂糖をひとつまみ入れます。

味付け自体は薄く薄く作るように意識した方が良いです。
玉葱と茄子からの野菜の旨味がグッと前に出てきます。

玉葱と茄子は、なるべく小さめに切ったほうが、蓮華などで
食べる時に、食べやすいです。

玉葱を先に、茄子を少し後に、最後にご飯を入れると、
美味しく出来上がると思います。
ポイントは、そんなとこです。

あとは昨日同様、水と昆布に火をかけてなど、同じ工程です。
秋茄子と玉葱のお粥の作り方でした。

風邪の時にも、もちろんお粥は素敵ですが、花金で飲みすぎた
胃を休めるのに、土曜の昼に食べても良いですし、
普段から家でお昼の食事をする人なら、仕事がはかどるし、
眠くなりにくいので、オススメです。

まあ、でも、明日の昼はさすがに違うものを食べようかな。
そう考えているひとりなのでした。
[PR]

by koryouriya | 2009-09-06 14:53 | 昼ごはん  

<< 揚げ物大会@ひとり 居酒屋兆治と深夜食堂 >>