ゴーヤの天ぷら

b0168081_2295123.jpg

ひとりです。
前回のゴーヤ、さっそく天麩羅にしてみました。

天ぷらの場合、ワタや種はそのままでOKです。
輪切りでカッコ良くいきましょう。

外はサクッ、中はトロっとして、こいつはうめぇや!と舌鼓。
酒の肴にピッタリ。ぜひ出来たてを食べましょう。

ビックリするくらい苦味が無くって、ゴーヤが苦手な人でも
美味しく食べることが出来ると思いますよ。

オススメの食べ方は、塩を振って食べるのが一番ですが、
マヨネーズをほんのちょっとつけて頂くと、円やかで
美味しいです。

ケチャップやソース、ポン酢を付けると、苦味が出てきて
しまうので、避けたほうが良いと思います。




次はゴーヤの綿(わた)のかき揚げです。
b0168081_22101114.jpg

ワタは種ごと、かき揚げにしてみました。

ゴーヤのワタのかき揚げも、香ばしくて、ナッツ系の風味がして
とっても美味しかったです。
まさに「サクッ、ポリッ、カリッ」という食感。

オススメの食べ方はこれも塩を振るのが一番ですが、
お好みでソースをつけて食べると美味しいです。

捨てる部分というイメージが強いゴーヤのワタですが、
一度揚げて食べてみると、美味しくって、病みつきになること間違いなし。




最後に、ジャンキーな料理をふたつ。
b0168081_22102515.jpg

揚げ物の定番、ポテトフライ。美味しいですよね。
一緒に玉ねぎとウィンナーの素揚げも揚げました。

これはいかにも子供が喜びそうな、そんな味。
どちらもケチャップをつけて食べたくなる感じです。


ゴーヤの天ぷらも、ワタのかきあげも、ポテトフライも、
ウィンナーと玉ねぎの串揚げも、どれもとっても美味しかったです。

揚げ物は食べるのも、作るのも大好きなひとりです。
また今度、違うものを揚げたいと思います。
[PR]

by koryouriya | 2009-08-29 22:23 | 酒と肴  

<< カレーパエリア ゴーヤ、にがうり、ツルレイシ >>