豚の角煮

b0168081_1931345.jpg


ひとりです。いっぴきは、とても美味しい料理を作ります。この角煮も絶品でした。

いっぴきはその名のごとく、料理を作るときに分量やレシピをあまり気にしません。
持ち前の天性の感覚で、塩をザァー、お砂糖をパラパラ、醤油をドボドボと、(ひとり視点です)
僕から見ると豪快で、それでいて適当に作っているようにしかみえません。
なのに、いつも美味しくて滅多に失敗しないのです。

ひとりの場合は、レシピがある料理の場合、分量やレシピを見ながら、
忠実にやることが多いです。

だから、小さくまとまった味になることが多く、
たまにいっぴきの豪快な料理がうらやましくなります。


余談ですが、札幌一番などのインスタントラーメンのお湯の分量は
正確に測って作った方が、だんぜん美味しいです。

中華鍋で野菜をザーッと炒めたのを乗っけると
野菜から旨味が出て、なおさら美味しい。

夏だと隠し味に豆板醤を少し溶いたりします。
これがまた旨い。



ちなみにこの写真の時は2007年11月。同棲時代ですね。
僕もバリバリのヘビースモーカーでした。なつかしい。
[PR]

by koryouriya | 2007-11-21 20:46 | 酒と肴  

<< 鶏胸肉のチキンソテー照り焼き風... はじめました >>